妊娠中の冷え対策に!身体を温める食べ物・飲み物一覧&見分け方

「冷えは万病のもと」という言葉があるように、冷えは肩こりや便秘、不眠などのさまざまな不調の原因となるばかりでなく、免疫力低下の大きな原因であると考えられています。
ただでさえ妊娠中は免疫力が下がりますから、冷えによる免疫力の低下は是非とも避けたいことでしょう。

また、冷えにより妊娠中ばかりでなく出産や産後においても、たくさんの悪影響が懸念されますので、冷え対策は早め早めにしっかりしておきたいところです。

このページでは「食」をテーマにした妊娠中の冷え対策ということで、身体を温める食材の見分け方や、オススメの食べ物・飲み物の一覧をご紹介します。
身体の内側から温めてあげて、健やかなマタニティライフをお送りくださいね。

妊婦さんは身体が冷えやすい?妊娠中の冷えによる悪影響とは?

妊婦さんは身体が冷えやすい?妊娠中の冷えによる悪影響とは?

妊婦さんは身体が冷えやすい状態に

妊娠中はホルモンバランスの急激な変化によって、自律神経が乱れやすくなります。また、姿勢の悪化による血行不良、運動不足による筋肉量の低下など、様々な原因によって身体が冷えやすい状態になるのです。
そのため普段は冷え性ではなかった方でも、身体が冷えやすい傾向にあります。

妊娠中の冷えによってどんな悪影響がある?

妊娠中の冷えが原因で『お腹の張り・腰痛・便秘・足のむくみ・足がつる・体全体のだるさ』など、さまざまな悪影響が出る可能性があります。

出産時においては、子宮がスムーズに収縮できず微弱陣痛をまねいたり、陣痛が弱いことで出産に時間がかかってしまうなどの可能性も。さらには、慢性的な冷えによって、産後の母乳の出に影響することも。

妊娠中の冷えは胎児にも影響を及ぼす?

「お腹が冷えると赤ちゃんにも影響がありそう」と心配になるママも多いでしょう。冷えが胎児に与える影響は、医学的にはハッキリしていませんが、ママの身体に上記のような影響がでると考えると、心身共にストレスを感じるため胎児にも伝わってしまうかもしれません。

胎教の基本は「ママが心身共にリラックスして健やかに過ごすこと」です。

冷えにより、ママの身体にたくさんのマイナスの影響がありますから、お腹の赤ちゃんのためにも、冷え対策は万全にしたいところでしょう。

身体を温める食べ物の見分け方5つのポイント

身体を温める食べ物の見分け方5つのポイント

1.寒い季節や地域で育つ食材

寒い季節や地域では身体に熱を吸収する必要があるため、身体を温める食べ物が育つ傾向に。逆に、熱い季節や地域では身体の熱を下げる必要があるため、身体を冷やす食べ物が育ちます。自然の恵みはよくできているのです。

2.地中で育つ食材

地中で育つ食べ物は身体を温め、地上で育つ食べ物は身体を冷やす傾向があります。根菜は土の下で育つ野菜類です。冬に旬をむかえるものは、成長が遅くなり時間をかけて育つため、栄養がたっぷり蓄えられ栄養価も高くなります。

大地のミネラルも豊富に蓄えることになりますが、ミネラルには、体内のタンパク質を熱に変えて身体を温める作用があると考えられています。地中で育つ野菜(=根菜類)としては、にんじん・ごぼう・ショウガなど、冬が旬のものが多いのが特徴です。

3.発酵食品

発酵食品には酵素がたっぷり含まれています。血行促進や代謝を良くする働きがあり、身体を温める効果が期待できます。代表的な発酵食品は、味噌、醤油、納豆、キムチ、漬物、チーズなどなど。近所のスーパーで手に入るものがほとんどですから、日常に取り入れやすいでしょう。

4.暖色系の食材

漢方医学の陰陽論では、身体を冷やす食物は外観が青・白・緑などの「冷色」で、身体を温める食べ物は赤・黒・橙などの「暖色」としています。ただ、暖色系だけど身体を冷やすトマトのような例外もあり、すべてに当てはまるわけではありません。

5.塩辛い食べ物

身体を温める食品にはナトリウム(Na)が多く含まれます。その代表格が塩(=塩化ナトリウム(NaCl))です。反対に身体を冷やす食品にはカリウム(K)が多く含まれます。その代表格が酢です。
味でいえば、塩が使われている塩辛さを感じるものが身体を温め、酢を使った酸っぱさを感じるものや化学調味料を使ったものが身体を冷やしますね。食材だけでなく、調味料も意識すると良いでしょう。

妊婦さんの身体を温める(冷やす)食べ物・食材一覧

妊婦さんの身体を温める(冷やす)食べ物・食材一覧

身体を温める食べ物・飲み物を選ぶことも大切ですが、身体を冷やす食べ物・飲み物を避けることも大切です。ここではどちらもご紹介していきます。

<<野菜編>>

身体を温める野菜類

ポイント:冬が旬、寒冷地で育つ、地中で育つ、暖色系

にんじん・かぼちゃ・ねぎ・たまねぎ・れんこん・ごぼう・生姜・にら・じゃがいも・にんにく・山芋・自然薯・ふき・こんにゃく・トウガン など

身体を冷やす野菜類

ポイント:夏が旬、温暖地で育つ、地上で育つ、寒色系

きゅうり・キャベツ・レタス・なす・白菜・ほうれん草・小松菜・トマト・ゴーヤ・セロリ・もやし・オクラ・大根・たけのこ など

トマトは暖色系の赤色ですが、南米地域が原産の身体を冷やす食べ物。白菜は寒い冬が旬ですが、色が白・緑色の身体を冷やす食べ物。このような例外もありますので、あくまで1つの目安として参考にしてください。

 

<<果物編>>

身体を温める果物

りんご・ぶどう・さくらんぼ・オレンジ・いちじく・あんず・桃・プルーンなど

身体を冷やす果物

バナナ・パイナップル・マンゴー・すいか・みかん・レモン・グレープフルーツ・柿・キウイ・メロン・梨など

りんごと言えば青森や長野。寒い地域でとれる果物なので、身体を温める果物です。南国でとれるバナナは身体を冷やす果物です。果物には酵素がたっぷり含まれていますから、身体を冷やす果物に分類されていても、そこまで敬遠する必要はありません。

 

<<炭水化物編>>

身体を温める炭水化物

玄米・そば・黒パン

身体を冷やす炭水化物

白米・うどん・白パン

精製されているものは身体を冷やす傾向に。みんな大好きな白ごはんが身体を冷やすなんてショックではないでしょうか。白米よりも玄米、または、白米でだけで食べるのではなく、黒米を混ぜたりすると良いでしょう。
パンも全粒粉を使用したものがオススメです。

 

<<調味料編>>

身体を温める調味料

塩・味噌・しょうゆ・ラー油・唐辛子

身体を冷やす調味料

酢・マヨネーズ・ドレッシング・化学調味料

塩や、発酵食品である味噌・しょうゆは身体を温める調味料です。寒い日にはキムチ鍋を食べたくなりますが、キムチは唐辛子の入っている発酵食品ですし、まさに身体を温めるのにうってつけでしょう。逆に、暑い日にはサッパリした酢の物を食べたくなりますが、身体が自然と求めるようになっているのですね。

調味料選びは慎重に!

スーパーで低価格で販売されている調味料は、さまざまな添加物が含まれていたり、本物の調味料とはいえないものが多いです。調味料は毎日大量に使うものではありませんから、天然醸造のものを選ぶなど、ワンランク上の良質の調味料を選ぶことをオススメします。

特にお塩は、精製塩ではなく天然塩・自然塩を使うことをオススメします。カリウムやマグネシウム、カルシウムといった様々なミネラルが豊富に含まれており、栄養バランスを整えるのに活躍してくれるでしょう。

 

<<その他いろいろ>>

その他、次のような食べ物は、基本的に身体を温める食べ物に分類できます。

動物食品:赤身の肉・卵・チーズ・魚・魚介類など
塩気のある食べ物:味噌・醤油・明太子・ちりめんじゃこ・漬物など
発酵食品:納豆・キムチなど

肉や魚など、基本的に動物性の食品は身体を温める食べ物です。身体を温める食品にはナトリウム(Na)が多く含まれることから、お塩が含まれる食べ物も該当します。妊娠中は塩分の摂りすぎには要注意ですので、適度に摂取するようにしましょう。

妊婦さんの身体を温める飲み物一覧

妊婦さんの身体を温める飲み物一覧

生姜(しょうが)湯、生姜紅茶

身体を温める代表的な食材の1つが「生姜」です。生姜に含まれる「ショウガオール」という成分が、血行促進・血流改善に作用してくれます。

生の生姜には要注意!身体を温めるのと逆効果が…

生の生姜にはジンゲロールという成分が含まれていますが、ジンゲロールには解熱作用や殺菌効果があります。

一方で熱を加えられた生姜は、ジンゲロールがショウガオールという成分に変化します。ショウガオールは血行促進・血流改善に作用するため、身体を芯から温めてくれる効果があります。乾燥させた生姜にもショウガオールが多く含まれます。

つまり、身体を温める作用を求める場合には、生姜湯などの熱した生姜を取り入れることが大切です。

ココア

ココアに含まれるカカオには、血管拡張作用があるポリフェノールやテオブロミンが含まれています。特にホットにして飲むことにより、血行を促し、身体を温める作用が期待できるでしょう。ココアはカフェイン量が少ないですから、妊娠中でも安心して飲むことができます。

紅茶、プーアル茶、ウーロン茶

製造過程で発酵しているお茶です。例えば、紅茶は緑茶などと同じ「チャ」の木から作られます。茶葉の発酵を抑えたものが緑茶となり、緑茶は身体を冷やす飲み物になります。一方で、発酵させたものが紅茶となり、発酵により酵素が生まれ、身体を温める飲み物になるのです。

タンポポ茶、タンポポコーヒー、ゴボウ茶

タンポポ系ドリンクはタンポポの根が原材料です。ゴボウ茶の原材料であるゴボウは身体を温める食材。どちらも地中で育ったもので作られており、身体を温める飲み物です。

<<身体を冷やす飲み物>>

コーヒー、牛乳、豆乳、緑茶などは、実は身体を冷やす飲み物です。ホットコーヒーやホットミルクなどは身体を温めてくれるイメージがありますが、そうではないようです。
とはいえ、ホットにして適度に飲む分には問題ないでしょう。

身体を温めるにはビタミン類を摂取することも大切!

身体を温めるにはビタミン類を摂取することも大切!

冷え対策に重要な栄養素として、ビタミンE・C・B群もあります。

・ビタミンEは、血行を改善して女性ホルモンのバランスを整えてくれます。
・ビタミンCは、鉄の吸収を助けて貧血を予防し、細い血管の働きを維持してくれます。
・ビタミンB群は、糖質やたんぱく質や脂質をエネルギーに変えるのに必要です。

これらの栄養素も意識して摂取すると、より効率良く身体を温めることができるでしょう。

しかし、ただでさえ荷重な妊娠中ですから、栄養素のことを細かく考えながら食材選びをしたり料理をするのも大変だと思います。

そこでオススメなのがサプリメントによる栄養補給です。
妊娠中(特に妊娠初期)に葉酸サプリを飲むのは、もはや妊婦さんにとって常識となっていますが、葉酸を含め重要な栄養素をまんべんなく摂れるものもあります。ビタミンE・C・B群なども含んでいるので、そのようなオールインワンタイプのサプリを飲んでおくと安心でしょう。

よろしければ次の記事をチェックして、あなたにピッタリのサプリを無料お試ししてくださいね。

関連記事

近年、厚生労働省の働きかけもあり『葉酸サプリ』の重要性が認知されており、たくさんの銘柄の葉酸サプリが販売されています。そのため選ぶのも一苦労で、何が良くて何が悪いのか判断に苦しむ方も多いようです。実際に、葉酸サプリ選びで失敗し、のち[…]

葉酸サプリの正しい選び方7つのポイント&比較ランキングBEST3

まとめの前に!妊婦さんに「これだけは」読んで欲しい3つの記事

【記事①】葉酸サプリの記事ですが、葉酸サプリ選びで「失敗したな~」と後悔している先輩ママがとても多いです。すでに何かしらのサプリを飲んでいる妊婦さんにも、ぜひチェックして欲しい記事です↓
葉酸サプリの正しい選び方を解説中!

近年、厚生労働省の働きかけもあり『葉酸サプリ』の重要性が認知されており、たくさんの銘柄の葉酸サプリが販売されています。そのため選ぶのも一苦労で、何が良くて何が悪いのか判断に苦しむ方も多いようです。実際に、葉酸サプリ選びで失敗し、のち[…]

葉酸サプリの正しい選び方7つのポイント&比較ランキングBEST3

【記事②】妊娠線対策の記事です。実は!およそ3割の妊婦さんは、妊娠線ができません。妊娠線を作りたくないならぜひチェックしてください↓
対策は早め早めが肝心です!

多くの妊婦ママを悩ませることの1つに「妊娠線」があります。妊娠線とは「大きくなるお腹に皮膚の伸びがついていけず、真皮が裂けてできる断裂跡のこと」です。例えば次のようなイメージです。よく見かけるのはお臍の上下に[…]

妊娠線対策は早めが肝心!妊娠線の原因と7つの予防法を知ろう

【記事③】一番の胎教は「ママが心健やかにリラックスしていること」です。食の不安を解消するための重要記事を一覧でまとめています↓
まずはこの記事を要チェック!

当メディア「妊婦ごはんラボ」では、妊娠中の「食」をテーマにして記事を書いています。その内容は多岐にわたりますが、ここでは妊婦ごはんの基礎知識ということで、まず読んで欲しい13の記事をご紹介します。一番の胎教は「ママが心健やか[…]

妊婦ごはんの基礎知識~まず読んで欲しい必読13記事はこちら

妊娠中は身体を温める食べ物・飲み物を積極的に取り入れましょう!

妊娠中は身体を温める食べ物・飲み物を積極的に取り入れましょう!

以上、妊娠中に冷えやすい原因や、身体が冷えることによるたくさんの悪影響のこと、そして身体を温める食べ物・飲み物のことなどお伝えしました。

妊娠中は上記で紹介した「身体を温める食べ物・飲み物」を積極的に取り入れることで、冷え対策をし、免疫力を上げていきましょう。反対に、身体を冷やす作用があるものは、あまり摂りすぎないことも意識したいですね。

もちろん、バランスの良い食事のためには、いろいろな食材を使った方が良いので、「身体を冷やす側」に分類されている食材を使っても問題ありません。あくまでバランス感覚を大切に実践していただけたらと思います。

妊娠中の食事については次の記事も参考になります。良かったら合わせてチェックしてくださいね。

関連記事

妊娠をキッカケに「赤ちゃんのために食事に気を付けないと!」と、食事に注意を払うようになる人はとても多いです。妊婦さんが食事関連で気を付けるべきことはたくさんありますが、その中の1つに「魚介類」があります。ポイントは「水銀」。[…]

妊娠中に気を付けたい魚(16種)と水銀の話&妊婦さんOKの魚40選まとめ
関連記事

人の身体は飲食によって取り入れたモノで作られていますから、元気な赤ちゃんを出産するために、栄養バランスの良い食事を心がけることが基本です。特に妊娠中は「赤ちゃんの分まで食べないと!」と言われるように、非妊娠時よりも、多くの栄養が必要[…]

妊婦には葉酸?鉄?カルシウム?妊娠中に重要な4つの栄養素を知ろう!
関連記事

妊娠したら、お腹の中に赤ちゃんのために、食べ物・飲み物に気を付ける必要がでてきます。食事の内容によって、赤ちゃんの発育に悪い影響が出る可能性があるからです。特にリスクが高いものはしっかりと覚えておき、妊娠中は食べない・飲まないように[…]

妊娠中に便秘薬を飲んでも大丈夫?
妊娠中の冷え対策に!身体を温める食べ物・飲み物一覧&見分け方
最新情報をSNSでチェックしよう!
>妊娠中の栄養素はコレ1つで安心!

妊娠中の栄養素はコレ1つで安心!

元気な赤ちゃんを出産するためには、栄養バランスの良い食事が基本!より多くの栄養が必要になってきます。
そのため「何をどのくらい食べたら良いのだろう?」「ちゃんと栄養素が摂れているか不安…」のように、妊娠中の食事についてプレッシャーを感じてしまう妊婦さんも多いようです。

そんな妊婦さんの悩みを解消してくれるのがオールインワンタイプの葉酸サプリです。たった1つのサプリで「葉酸」と「不足しがちな栄養素」をバランス良く摂取できます。

CTR IMG