【妊婦と鯛めし】妊娠中に鯛めしを食べてOK!水銀量には要注意?

妊婦さんの中には…

「今、妊娠中だけど鯛めしって食べても大丈夫?」

「魚には水銀が含まれるから妊娠中はよくないって聞くけど…」

という疑問をお持ちの方も多いようです。

結論を言えば、鯛めしは妊娠中でも安心して食べることができますが、使用する鯛の種類によっては水銀量に注意する必要があります。

ここでは、妊婦さんがより安心して鯛めしを食べれるよう、鯛めしでどんな種類の鯛が使われるのか?水銀量はどのくらいなのか?など、お話ししていきます。

そもそも鯛めしとはどんな料理?

そもそも鯛めしとはどんな料理?

鯛めし(たいめし)は鯛とご飯を組み合わせた日本料理の1つで、愛媛県の郷土料理として知られています。日本一の真鯛(マダイ)の生産量を誇り、鯛めしの本場である愛媛県では、地域によって大きく2つの食べ方に分類されます。

1つは、松山市を中心とした中予~東予地方の鯛めし。焼いた鯛を昆布だしでふっくら炊き込んだ「松山鯛めし」です。

もう1つは、宇和島市を中心にした南予地方の鯛めし。生卵入りのタレに漬けた鯛のお刺身を、タレごと温かいご飯にかける「宇和島鯛めし」です。

一般的に私たちがイメージする鯛めしは、炊き込み型の「松山鯛めし」でしょう。お茶をかけて鯛茶漬けにしても美味しいです。

鯛めしではどんな種類の鯛が使われている?

鯛めしで使用する魚は「真鯛(マダイ)」であることが多いですが、

・血鯛(チダイ)
・黄鯛(キダイ)
・甘鯛(アマダイ)
・黒鯛(クロダイ)
・糸縒鯛(イトヨリダイ)
・金目鯛(キンメダイ)

などなどの、他の種類の鯛が使用されることもあります。

鯛めしの鯛の水銀量は?使用する鯛によっては妊婦さんは要注意!

鯛めしの鯛の水銀量は?使用する鯛によっては妊婦さんは要注意!

『妊娠中には魚に注意しましょう!』と言われるのは、魚に含まれる水銀(メチル水銀)がお腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼすからです。

水銀が多く含まれる魚については、食べる量を控えるよう注意喚起されています。

主に鯛めしで使用する「真鯛(マダイ)」の水銀量は次の通りです。

総水銀
μg/g
メチル水銀
μg/g
真鯛(マダイ)0.1160.133

この数値は厚生労働省のホームページで公開されている「特に注意が必要でないもの」と同レベルとなります。「特に注意が必要でないもの」の水銀・メチル水銀の平均値は次の通り↓

総水銀
μg/g
メチル水銀
μg/g
キハダ0.1790.177
ビンナガ0.2370.164
メジマグロ0.1580.185
ツナ缶0.1140.109
サケ(鮭)0.027
アジ(鯵)0.040
サバ(鯖)0.1040.073
イワシ(鰯)0.018
サンマ(秋刀魚)0.058
ブリ(鰤)0.1530.197
カツオ(鰹)0.154
真鯛(マダイ)0.1160.133

このように真鯛の水銀量は低いので、真鯛の鯛めしであれば妊婦さんも水銀量を気にせず食べることができるでしょう。

金目鯛(キンメダイ)には要注意!黄鯛(キダイ)にはプチ注意!

金目鯛(キンメダイ)には要注意!黄鯛(キダイ)にはプチ注意!

多くの鯛類は真鯛(マダイ)と同じく水銀量が低いので、安心して鯛めしとして食べることができます。

しかし、金目鯛(キンメダイ)と黄鯛(キダイ)については、厚生労働省の資料『これからママになるあなたへ』にて「注意が必要なお魚」として紹介されています。

金目鯛(キンメダイ)には要注意!黄鯛(キダイ)にはプチ注意!

1食約80gとして週に1回まで
(1週間当たり80g程度)
1食約80gとして週に2回まで
(1週間当たり160g程度)

という制限がありますので、鯛めしに金目鯛や黄鯛を使用する場合には、食べる量に気を付けましょう。基本的には真鯛の鯛めしを食べれば安心だといえます。

鯛めしの寄生虫や食中毒の心配について

上記にて、鯛めしの食べ方は

・炊き込み型の「松山鯛めし」
・お刺身型の「宇和島鯛めし」

の2種類あるとご説明しました。

一般的に私たちがイメージしている炊き込み型の鯛めしであれば、火を通すので寄生虫や食中毒の心配はいりません。

しかし、お刺身型の場合は、生食となりますから、寄生虫や食中毒のリスクは少なからずあります。

とはいえ、妊娠中の魚の生食は絶対にNGというわけではありません。厚生労働省の資料『これからママになるあなたへ』でも、妊娠中の食事としてお刺身の画像が普通に掲載されていますので。

妊娠中の食事としてお刺身の画像が普通に掲載されています

ただ、お刺身型の「宇和島鯛めし」の場合、生卵が使用されていることにも注意が必要です。生卵にはサルモネラ菌による食中毒リスクがあります。

非妊娠時であれば特に問題ないかもしれませんが、妊娠中だと免疫力が低下するために、食中毒にもなりやすくなります。

ですので、妊婦さんはお刺身型の「宇和島鯛めし」は控えることをオススメします。

まとめの前に!妊婦さんに「これだけは」読んで欲しい3つの記事

【記事①】葉酸サプリの記事ですが、葉酸サプリ選びで「失敗したな~」と後悔している先輩ママがとても多いです。すでに何かしらのサプリを飲んでいる妊婦さんにも、ぜひチェックして欲しい記事です↓
葉酸サプリの正しい選び方を解説中!

近年、厚生労働省の働きかけもあり『葉酸サプリ』の重要性が認知されており、たくさんの銘柄の葉酸サプリが販売されています。そのため選ぶのも一苦労で、何が良くて何が悪いのか判断に苦しむ方も多いようです。実際に、葉酸サプリ選びで失敗し、のち[…]

葉酸サプリの正しい選び方7つのポイント&比較ランキングBEST3

【記事②】妊娠線対策の記事です。実は!およそ3割の妊婦さんは、妊娠線ができません。妊娠線を作りたくないならぜひチェックしてください↓
対策は早め早めが肝心です!

多くの妊婦ママを悩ませることの1つに「妊娠線」があります。妊娠線とは「大きくなるお腹に皮膚の伸びがついていけず、真皮が裂けてできる断裂跡のこと」です。例えば次のようなイメージです。よく見かけるのはお臍の上下に[…]

妊娠線対策は早めが肝心!妊娠線の原因と7つの予防法を知ろう

【記事③】一番の胎教は「ママが心健やかにリラックスしていること」です。食の不安を解消するための重要記事を一覧でまとめています↓
まずはこの記事を要チェック!

当メディア「妊婦ごはんラボ」では、妊娠中の「食」をテーマにして記事を書いています。その内容は多岐にわたりますが、ここでは妊婦ごはんの基礎知識ということで、まず読んで欲しい13の記事をご紹介します。一番の胎教は「ママが心健やか[…]

妊婦ごはんの基礎知識~まず読んで欲しい必読13記事はこちら

まとめ:妊娠中は炊き込み型の鯛めしを美味しく食べましょう

以上、「妊婦さんと鯛めし」というテーマにて、お話しをさせていただきました。

・鯛めしで使用する鯛は基本的に真鯛(マダイ)。
・真鯛は水銀量も低く、妊娠中でも安心して食べることができる。
・金目鯛(キンメダイ)と黄鯛(キダイ)は水銀量が少し多いので要注意!
・鯛めしには炊き込み型とお刺身型の2種類がある。
・お刺身型は生食であり生卵を使用するので妊婦さんには控えて欲しい。
・炊き込み型であれば寄生虫や食中毒リスクもなくて安心。

というお話でしたね。

妊娠中はバランスの良い食生活がとても大切になります。魚は栄養素が豊富なので、水銀量の低い魚であれば、妊娠中には積極的に食べたい食材の1つです。

『真鯛(マダイ)の炊き込み型の鯛めし』はその条件を満たすので、ぜひ積極的に美味しく食べていただけたらと思います。

妊娠中のお魚のことなら、次の記事も参考になるでしょう。

関連記事

妊娠をキッカケに「赤ちゃんのために食事に気を付けないと!」と、食事に注意を払うようになる人はとても多いです。妊婦さんが食事関連で気を付けるべきことはたくさんありますが、その中の1つに「魚介類」があります。ポイントは「水銀」。[…]

妊娠中に気を付けたい魚(16種)と水銀の話&妊婦さんOKの魚40選まとめ
【妊婦と鯛めし】妊娠中に鯛めしを食べてOK!水銀量には要注意?
最新情報をSNSでチェックしよう!
>妊娠中の栄養素はコレ1つで安心!

妊娠中の栄養素はコレ1つで安心!

元気な赤ちゃんを出産するためには、栄養バランスの良い食事が基本!より多くの栄養が必要になってきます。
そのため「何をどのくらい食べたら良いのだろう?」「ちゃんと栄養素が摂れているか不安…」のように、妊娠中の食事についてプレッシャーを感じてしまう妊婦さんも多いようです。

そんな妊婦さんの悩みを解消してくれるのがオールインワンタイプの葉酸サプリです。たった1つのサプリで「葉酸」と「不足しがちな栄養素」をバランス良く摂取できます。

CTR IMG