【妊婦と金目鯛】妊娠中は水銀量に注意して金目鯛を食べたら良し!

「妊娠初期に金目鯛の煮付けをたくさん食べたのだけど、赤ちゃんへの影響が心配・・・」

「金目鯛って水銀量が多かったような・・・、妊婦が食べても大丈夫?お刺身はNGだよね?」

など、妊娠中に金目鯛を食べてしまって不安や心配になっていたり、水銀量や生食の観点で金目鯛を食べて良いのか疑問に思っている方も多いようです。

そこで今回は、「妊婦と金目鯛」とうテーマにて、

・食べ過ぎるとどんな影響があるのか?
・水銀量はどのくらいなのか?
・どのくらいの量なら食べても大丈夫なのか?
・刺身など生食でも問題ないのか?
・寄生虫や食中毒のリスクはないのか?

などなど、解説していきます。

結論!妊娠中でも金目鯛を食べて問題ありません!

まず、結論からいいますと、妊娠中に金目鯛を食べること自体は問題ありません。お刺身やお寿司など、生食も可能ではあります。

ただ、金目鯛は水銀量がそれなりに多い魚に分類されますので、食べる量には注意が必要です。

寄生虫や食中毒のリスクもゼロではないので、基本的には加熱調理した食べ方がオススメされています。

次項から、それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

妊婦さんが金目鯛を食べ過ぎるとどんな影響がある?

妊婦さんが金目鯛を食べ過ぎるとどんな影響がある?

「妊娠中は魚の水銀に気をつけましょう!」と注意喚起されているのは、魚に含まれるメチル水銀が胎児に移行してしまい、悪影響を及ぼすからです。

もちろん金目鯛にもメチル水銀が含まれますから、金目鯛を食べ過ぎることで、生まれてくる赤ちゃんに影響が出てくるでしょう。

では、どんな影響があるのか?

厚生労働省のホームページによると・・・

音を聞いた場合の反応が1/1,000秒以下のレベルで遅れるようになる

と記載されています。

なかなかイメージできませんが、将来の社会生活をおくる上で、支障をきたすようなものではないと考えられています。

ちなみに、悪影響が出るのは継続的に食べ過ぎた場合の話であって、1回や2回食べ過ぎたくらいであれば気にする必要はないでしょう。

金目鯛の水銀量はどのくらい?妊娠中はちょい危険?

金目鯛の水銀量はどのくらい?妊娠中はちょい危険?

金目鯛については厚生労働省の資料『これからママになるあなたへ』にて「注意が必要なお魚」として紹介されています。

実際の金目鯛の水銀量は次の通りです。特に注意が必要でない魚である「キハダ」と比較してみましょう。

総水銀
μg/g
メチル水銀
μg/g
金目鯛(キンメダイ)0.6840.532
キハダ0.1790.177

このように、金目鯛はキハダと比べると何倍もの水銀量になっており、次のような食べる量の制限が設けられています。

1食約80g(1人前)として週に1回まで
(1週間当たり80g程度)

もし金目鯛を食べたいなら『週1回80gまで』ということを覚えておきましょう。

妊娠中の魚と水銀のことについては次の記事に詳しくまとめてありますので、良かった合わせてご一読ください。

関連記事

妊娠をキッカケに「赤ちゃんのために食事に気を付けないと!」と、食事に注意を払うようになる人はとても多いです。妊婦さんが食事関連で気を付けるべきことはたくさんありますが、その中の1つに「魚介類」があります。ポイントは「水銀」。[…]

妊娠中に気を付けたい魚(16種)と水銀の話&妊婦さんOKの魚40選まとめ

ちなみに、金目鯛という名称から、真鯛などの「タイ類の仲間かな」と思われるかもしれませんが、

金目鯛・・・「キンメダイ目キンメダイ科」
真鯛などの鯛類・・・「スズキ目スズキ亜目タイ科」

であり、まったくの別種です。

タイ類の多くはキハダ同様、水銀量が低く「特に注意が必要のない魚」に分類されてます。

妊婦さんは金目鯛を刺身など生で食べるのは絶対NG?

まず、金目鯛をお刺身やお寿司などの「生食」で食べること自体には問題ありません。

先ほどご紹介した厚生労働省の資料『これからママになるあなたへ』でも、食事内容の例としてお刺身画像が掲載されていることからも、お刺身が絶対にNGというわけではないのでしょう。

妊娠中に魚を生で食べること自体については絶対NGではありません。

出典:mhlw.go.jp

ただ、妊娠中は抵抗力が落ちており食中毒になりやすいため、「妊婦さんは加熱調理したものを食べましょう」というのが一般的な考え方です。

医師や看護師さんの立場としても・・・

生で食べる場合は、あくまで自己責任のもとに食べること

というスタンスですから、「万が一があるかも」とリスクに感じるのであれば、火を通した調理法を選択することをオススメします。

寄生虫のリスクについて

魚を生で食べる場合に気をつけたいことの1つが寄生虫で、有名なのがアニサキスですが、金目鯛にアニサキスが寄生している可能性はとても低いとのこと(参考:grapee.jp)。ただ、可能性はゼロではありません。

アニサキス対策として次の3つがあります。

「加熱」・・・60℃1分以上
「冷凍」・・・マイナス20℃24時間以上
「取り除く」・・・鮮度を徹底!目視で確認!

金目鯛を生で食べたい場合は、冷凍処理が行われているものを、プロの職人が目視チェックしている信頼できるお店で食べるのが一番安心かもしれません。

妊婦さんが金目鯛を食べるなら・・・オススメの食べ方3選!

金目鯛の煮付け

金目鯛の煮付け

出典:yamasa.com

金目鯛と言えばやっぱり煮付け!みりん・酒・砂糖・しょうゆ・水などの甘辛のタレが、金目鯛の美味しさをより一層引き出してくれます。

金目鯛そのものから溶け出した脂がまた美味しい!

長時間に渡って加熱された身はとても柔らかくなり、喉を通りやすいです。
骨もあまりありませんから、子どももご年配の方も安心して楽しめます。

金目鯛の刺身

金目鯛の刺身

出典:dynac-japan.com

金目鯛はクセがなくトロッとした味わい、上品な脂が甘さを感じさせてくれ、お刺身としても人気があります。

古くは脂の強さが敬遠されましたが、今では脂がのっているほど美味しいと評価されています。

金目鯛の皮は柔らかいので、皮付きのまま刺身にした皮霜作りが人気です。
見た目にも美しいでしょう。

金目鯛の塩焼き

金目鯛の塩焼き

出典:ameblo.jp

金目鯛は脂が多く含まれるので、焼いても硬くならず、焼いているうちに脂が染み出してきて表面が揚げたように仕上がります。

皮や表面が香ばしく、身が脂の甘みで豊潤に仕上がり、最上級の塩焼きになると言えるでしょう。

他にも、カルパッチョ、しゃぶしゃぶ、ちり鍋、ソテー、ムニエル、みそ汁、みそ漬け、粕漬け、干物などなど、どんな調理法にも合いますね。

 

妊婦さん必読!赤ちゃんのために万全の対策を!

 

葉酸サプリおすすめNO.1

赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低下させるために、厚生労働省が1日400μgの葉酸摂取を推奨しています。断トツにオススメの葉酸サプリはこちら。

↓ ↓ ↓ ↓
プレミン
>>公式サイトを確認する

葉酸サプリの正しい選び方はこちらで徹底解説!
葉酸サプリの正しい選び方7つのポイント&比較ランキングBEST3

 

 

妊娠線対策は早めが肝心!

実は!およそ3割の妊婦さんには妊娠線はでません。一番大切なことが妊娠線クリームによる保湿ケアです。ランキングNO.1のオススメクリームはこちら。

↓ ↓ ↓ ↓

>>公式サイトを確認する

妊娠線対策のコツをこちらで徹底解説!
妊娠線対策は早めが肝心!妊娠線の原因と7つの予防法を知ろう

 




妊娠中は量を守って金目鯛を楽しみましょう!

以上、妊婦と金目鯛というテーマにて解説させていただきました。

・妊娠中に金目鯛を食べること自体は問題なし!
・お刺身やお寿司など生食も可能。
・金目鯛は水銀量がそれなりに多い。
・金目鯛を食べたいなら『週1回80gまで』。
・寄生虫や食中毒のリスクもゼロではない。
・基本的には加熱調理した食べ方がオススメ。
・生で食べる場合はあくまで自己責任で。
・生食は冷凍処理がしてあるものであれば安心度アップ!
・生食はプロの職人のいる信頼できるお店が安心!
・金目鯛はやっぱり煮付けが絶品!
などなどお伝えしました。

金目鯛はどうしても水銀量が多い魚ですが、食べる量に注意して楽しんでいただけたらと思います。

【妊婦と金目鯛】妊娠中は水銀量に注意して金目鯛を食べたら良し!
最新情報をSNSでチェックしよう!
>妊娠中の栄養素はコレ1つで安心!

妊娠中の栄養素はコレ1つで安心!

元気な赤ちゃんを出産するためには、栄養バランスの良い食事が基本!より多くの栄養が必要になってきます。
そのため「何をどのくらい食べたら良いのだろう?」「ちゃんと栄養素が摂れているか不安…」のように、妊娠中の食事についてプレッシャーを感じてしまう妊婦さんも多いようです。

そんな妊婦さんの悩みを解消してくれるのがオールインワンタイプの葉酸サプリです。たった1つのサプリで「葉酸」と「不足しがちな栄養素」をバランス良く摂取できます。

CTR IMG