ヒラス(ヒラマサ)は妊娠中に食べて大丈夫?水銀量や生食のリスクは?

妊婦さんの中には、「妊娠中だけどヒラス(ヒラマサ)は食べて大丈夫?水銀の心配はない?」という疑問をお持ちの方も多いようです。

また、「妊娠中だけどヒラス(ヒラマサ)のお刺身をたくさん食べてしまった。大丈夫かな?」と食べた後に不安を感じている方もいるようです。

結論を言えば、ヒラス(ヒラマサ)は妊娠中でも安心して食べることのできる魚です。お刺身やお寿司、カルパッチョなど生食でも大丈夫です。

多少食べ過ぎてしまったとしても、その後、バランスの良い食事を心がければ問題ないでしょう。

ただ、寄生虫や食中毒の心配もあるので、完全にリスクがゼロとは言えません。

ここでは、妊婦さんが安心してヒラス(ヒラマサ)を食べれるよう、どんな魚なのか?水銀量は?どんな寄生虫リスクがあるのか?リスクへの予防策は?など、お話ししていきます。

そもそもヒラス(ヒラマサ)はどんな魚?

そもそもヒラス(ヒラマサ)はどんな魚?

ヒラスは、ヒラマサと言うスズキ目アジ科の魚の西日本での地方名です。ヒラマサは他にも、ヒラサ、ヒラソ、ヒラサ、ヒラブリ、ヒラソウジ、ヒラなどとも呼ばれており、たくさんの地方名があるんです。

ヒラマサは平べったい体型のため「平政」と言う漢字で表されます。

「ヒラス=ヒラマサ(平政)」は覚えておいて欲しいポイント。

ヒラスは「銀ひらす」と混合されやすいですが、銀ひらすは深海魚で、ヒラスとは違う魚になります。

ヒラス(ヒラマサ)の水銀量は妊婦さんでも安心できる数値!

ヒラス(ヒラマサ)の水銀量は妊婦さんでも安心できる数値!

妊娠中には魚の水銀量に注意しましょう!と言われているのは、魚に含まれるメチル水銀が胎児に悪影響を及ぼすからです。

水銀が多く含まれる魚については、食べる量を少なめにするよう注意喚起されています。ヒラス(ヒラマサ)の水銀量はどのくらいなのでしょうか?

厚生労働省の資料(魚介類に含まれる水銀の調査結果)によれば、次のような数値になっています。

総水銀
μg/g
メチル水銀
μg/g
ヒラス(ヒラマサ)0.121

この数値が高いのか低いのかと言えば、厚生労働省のホームページで公開されている「特に注意が必要でないもの」と同レベルとなります。

「特に注意が必要でないもの」の総水銀・メチル水銀の平均値は次の通り。

総水銀
μg/g
メチル水銀
μg/g
キハダ0.1790.177
ビンナガ0.2370.164
メジマグロ0.1580.185
ツナ缶0.1140.109
サケ(鮭)0.027
アジ(鯵)0.040
サバ(鯖)0.1040.073
イワシ(鰯)0.018
サンマ(秋刀魚)0.058
タイ類(鯛)0.0930.067
ブリ(鰤)0.1530.197
カツオ(鰹)0.154
ヒラス(ヒラマサ)0.121

このようにヒラス(ヒラマサ)の水銀量は低いので、妊婦さんでも水銀量を気にせず食べることができるでしょう。(もちろん同じ食材ばかりたくさん食べるのはよくありません)

ヒラス(ヒラマサ)を一食で食べ過ぎてしまった!問題ない?

ヒラス(ヒラマサ)を一食で食べ過ぎてしまった!問題ない?

「妊娠中なのですが、ヒラマサという魚の刺身を先程400g程食べました。問題ないでしょうか?」

という質問がありましたが、水銀量という面ではあまり気にする必要はありません。

しかし、厚生労働省の資料では「刺身1人前・切り身1切れ(約80g)を1人前の量とする」という設定になっているので、400gは5人前にもなりますから、1つの食材を一度に食べ過ぎている感はあります。

一食で同じ食材をたくさん食べ過ぎてしまった場合は、しばらくその食材は間を空けるなど、その後、バランスの良い食事を心がければ問題ないでしょう。

ヒラス(ヒラマサ)はお刺身で食べても大丈夫?

ヒラス(ヒラマサ)をお刺身やカルパッチョなど、生で食べたい妊婦さんも多いでしょう。

まず、魚を生で食べること自体については問題はありません。厚生労働省のホームページでも妊娠中の食事(魚)について、次の画像のようにお刺身が描かれていることからも、お刺身が絶対にNGというわけではないようです。

ヒラス(ヒラマサ)はお刺身で食べても大丈夫?

出典:mhlw.go.jp

ただ、妊娠中は抵抗力が下がり食中毒にかかりやすくなっていますから、「妊娠中に魚を生で食べる場合はあくまで自己責任で」とされています。

・新鮮なものを食べる
・寄生虫などに注意する

というポイントをしっかり押さえた上で、食べるようにしましょう。

ヒラス(ヒラマサ)の寄生虫・中毒について知っておこう

ヒラス(ヒラマサ)の寄生虫・中毒について知っておこう

ブリ糸状虫

「ブリ糸状虫」はブリに多く寄生していますが、ヒラス(ヒラマサ)にも寄生することがあります。この寄生虫は天然の魚にしかいませんので、養殖の魚であれば安心でしょう。もしこの寄生虫を食べてしまった場合でも、人体に悪い影響はないのでご安心ください。

粘液胞子虫

粘液胞子虫もヒラス(ヒラマサ)を捌いたときに見つかる寄生虫の1つです。外見は米粒のような形。食べることで下痢になった例も報告されていますが、無害なことも多く、はっきりした毒性はわかっていません。もし見つけたらつまんで取り除くのが無難です。

ブリ糸状虫も粘液胞子虫も血合い付近でよく見つかるので、血合い部分には注意しましょう。

シガテラ毒

大型のヒラス(ヒラマサ)には「シガテラ」という毒が含まれている場合があります。

シガテラ毒は、熱帯の海に漂う植物プランクトン「渦鞭毛藻」が作る毒のこと。そのプランクトンを食べた小魚を、さらに大型魚が食べ、食物連鎖の上位にいる魚ほど、体内にたくさんの毒をため込みます。

その魚を私たちが食べると中毒症状を起こすのです。

日本でも年間数件ほどシガテラ毒の発生が確認されていますが、その多くは自分で釣った魚を食べたことにより起きているとのことです。

ですので、市場に出回っているような小型のヒラス(ヒラマサ)を食べる分には、シガテラ毒の心配はいらないかもしれません。養殖であればなおさらでしょう。

このようにヒラス(ヒラマサ)を食べることにおいて、寄生虫や中毒の心配はゼロではありません。リスクを避けるためには・・・

・なるべく新鮮なものを食べる。
・どちらかといえば養殖のものを選ぶ。
・天然ものであっても注意すれば大丈夫。
・信頼できる魚屋さんで購入する。
・信頼できる飲食店で食べるのが一番安心。
・火を通した調理法ならさらに安心。

このようなポイントを意識していただけたらと思います。

ヒラス(ヒラマサ)は栄養たっぷり!妊娠中にはオススメの魚♪

ヒラス(ヒラマサ)は回遊魚の王者で、妊婦さんには魅力的な栄養素が豊富に含まれています。

まず、良質なタンパク質と脂質が豊富です。

脂質にはDHA(ドコサへキサエン酸)が600㎎/100g、EPA(エイコサぺンタエン酸)が220㎎/100gも含まれています。これらは血中コレステロールを下げる、動脈硬化や痴呆を防ぐ、生活習慣病を防ぐ、脳細胞を活性化する、血栓の発生を抑えるなど多くの働きがあります。

また、ビタミンDやビタミンAも豊富。ビタミンDはカルシウムやリンの吸収を助けるとともに、骨の形成を促す働きがあります。カルシウム不足になりやすい妊娠中には、ヒラス(ヒラマサ)はとてもオススメでしょう。

ヒラス(ヒラマサ)のオススメの食べ方ベスト3

お刺身、お寿司

お刺身、お寿司

出典:rakuten.co.jp

ヒラス(ヒラマサ)と言えば、やはりお刺身やお寿司など、生で食べるのが一番人気です。妊娠中は特に鮮度や寄生虫に気をつけたいので、信頼できる飲食店で食べることをオススメします。

軽く出汁にくぐらせる「しゃぶしゃぶ」も人気です。ほどよく脂が落ちてサッパリ食べることができます。

塩焼き

塩焼き

出典:exblog.jp

塩焼きの他にも照り焼き・西京焼きなどもありますが、素材の味を感じられる塩焼きがオススメです。良質の天然塩を振りかけて食べたら絶品です♪

照り焼き

照り焼き

ヒラス(ヒラマサ)はさっぱりしているので、しっかり煮詰めて味を濃くした方が美味しいです。甘辛いタレがジュワッと染み込んだ照り焼きは、ヒラマサによく合います。

出典:fishingjapan.jp

まとめの前に!妊婦さんに「これだけは」読んで欲しい3つの記事

【記事①】葉酸サプリの記事ですが、葉酸サプリ選びで「失敗したな~」と後悔している先輩ママがとても多いです。すでに何かしらのサプリを飲んでいる妊婦さんにも、ぜひチェックして欲しい記事です↓
葉酸サプリの正しい選び方を解説中!

近年、厚生労働省の働きかけもあり『葉酸サプリ』の重要性が認知されており、たくさんの銘柄の葉酸サプリが販売されています。そのため選ぶのも一苦労で、何が良くて何が悪いのか判断に苦しむ方も多いようです。実際に、葉酸サプリ選びで失敗し、のち[…]

葉酸サプリの正しい選び方7つのポイント&比較ランキングBEST3

【記事②】妊娠線対策の記事です。実は!およそ3割の妊婦さんは、妊娠線ができません。妊娠線を作りたくないならぜひチェックしてください↓
対策は早め早めが肝心です!

多くの妊婦ママを悩ませることの1つに「妊娠線」があります。妊娠線とは「大きくなるお腹に皮膚の伸びがついていけず、真皮が裂けてできる断裂跡のこと」です。例えば次のようなイメージです。よく見かけるのはお臍の上下に[…]

妊娠線対策は早めが肝心!妊娠線の原因と7つの予防法を知ろう

【記事③】一番の胎教は「ママが心健やかにリラックスしていること」です。食の不安を解消するための重要記事を一覧でまとめています↓
まずはこの記事を要チェック!

当メディア「妊婦ごはんラボ」では、妊娠中の「食」をテーマにして記事を書いています。その内容は多岐にわたりますが、ここでは妊婦ごはんの基礎知識ということで、まず読んで欲しい13の記事をご紹介します。一番の胎教は「ママが心健やか[…]

妊婦ごはんの基礎知識~まず読んで欲しい必読13記事はこちら

まとめ:妊婦さんも安心!ヒラス(ヒラマサ)を美味しく食べましょう

以上、「妊娠中だけどヒラス(ヒラマサ)は食べて大丈夫なのか?」というポイントについて、具体的にお話しさせていただきました。

ヒラス(ヒラマサ)は水銀量も少なく栄養価も高いので、妊娠中にはオススメの食材の1つです。

お刺身やお寿司など生食でも大丈夫ですが、寄生虫や食中毒の心配はあります。

生で食べる場合には・・・

・なるべく新鮮なものを食べる。
・どちらかといえば養殖のものを選ぶ。
・天然ものであっても注意すれば大丈夫。
・信頼できる魚屋さんで購入する。
・信頼できる飲食店で食べるのが一番安心。

というポイントは意識して欲しいところ。

ヒラス(ヒラマサ)は塩焼き、ムニエル、かま焼、煮付け、フライ、天ぷら、などなどどんな食べ方をしても美味しいですから、ぜひいろいろな調理法を試して下さい。

妊娠中のお魚のことなら、次の記事も参考になるでしょう。

関連記事

妊娠をキッカケに「赤ちゃんのために食事に気を付けないと!」と、食事に注意を払うようになる人はとても多いです。妊婦さんが食事関連で気を付けるべきことはたくさんありますが、その中の1つに「魚介類」があります。ポイントは「水銀」。[…]

妊娠中に気を付けたい魚(16種)と水銀の話&妊婦さんOKの魚40選まとめ
ヒラス(ヒラマサ)は妊娠中に食べて大丈夫?水銀量や生食のリスクは?
最新情報をSNSでチェックしよう!
>妊娠中の栄養素はコレ1つで安心!

妊娠中の栄養素はコレ1つで安心!

元気な赤ちゃんを出産するためには、栄養バランスの良い食事が基本!より多くの栄養が必要になってきます。
そのため「何をどのくらい食べたら良いのだろう?」「ちゃんと栄養素が摂れているか不安…」のように、妊娠中の食事についてプレッシャーを感じてしまう妊婦さんも多いようです。

そんな妊婦さんの悩みを解消してくれるのがオールインワンタイプの葉酸サプリです。たった1つのサプリで「葉酸」と「不足しがちな栄養素」をバランス良く摂取できます。

CTR IMG